俺のツナ缶はそんなに不味くなるわけがない | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

俺のツナ缶はそんなに不味くなるわけがない

返信

「ツナ缶の油を捨てずに」みたいなのが好きだ。

これ、わかってもらえるんだろうか。例によってどんどん書く。

あのー、えーと、言いたいことのニュアンスとしては、「血は争えない」「三つ子の魂百まで」みたいなことなんですけどもちょっと方向が違うの。


ツナ缶の中身のツナに一番合う油、いっちばん相性のいいアブラって、結局、その浸かってた油でしょう。

本来、あくまで理想としては、どのメーカーもそう考えて浸けなければならないはずで。もちろん現実は売値とのバランスとかいろいろあるんだろうけども。


美味しいツナ缶があって、しかも、それがフレークじゃなくてファンシー、こぉ、切り身がぴっちり詰まってるようなのあんじゃん、パッカンして中を一目見たら、よくまあ内径にこんな合う身を選んだよな、とテトリス的に惚れぼれするようなやつ。

それの油を一旦切れるだけ切って、もう、搾るくらいの勢いで切って、小鉢に移して、100均で売ってるような乾燥バジルと粗挽き黒コショーをはらはら振ってですね、


で、さっきわざわざ切った油をひと回しする。

あとはショーユでもバルサミコでもなんでもお好きに。


というのが11話の感想。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 俺のツナ缶はそんなに不味くなるわけがない

http://uj7u9x.sa.yona.la/457

返信

ただ、マヨネーズが別格の油であることをここに追記す。

投稿者 uj7u9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.