感覚がない側からの公開書簡2 | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: > 感覚がない側からの公開書簡

感覚がない側からの公開書簡2

返信

研究者ではないですが大変興味深いです。

完全に興味本位の質問ですので、まだお付き合いいただけるなら回答というか随想をお願いします。


CイオニアとDドリア(以下、Eフリギア、…)は音階として同じ色に見えますか。


「Es Durで聞こえる音」というのは「変ホ長調のIの第五音」ということでしょうか(=あの音が単音で鳴ると、まずそれを思い起こす、ということでしょうか)。


車の警笛が和音っぽくなってるような車があります(外車に多い)。

個人的に、その2音が短三度で鳴ってる場合、長三和音の根音がないように感じるんですが、そういうのはありますか。

例えば、だいたいミとソが鳴ってた場合、ホ短調の主和音の第五音がなくてシ(あるいは、シの色)が欲しくなったりしますか。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 感覚がない側からの公開書簡2

>感覚がない側からの公開書簡2

返信

> CイオニアとDドリア(以下、Eフリギア、…)は音階として同じ色に見えますか。


→違う色に見えます。

 ただ個人的な感覚ですが、音階は単音と異なり

 メロディの印象に引っ張られて色が浮かんでしまうので、

 ちょっと共感覚のそれとは違うかなーとも思います。


 例えば、悲しい曲は暗い色、楽しい曲は明るい色…みたいな感じで、

 曲のイメージと色が結びついてしまうので、それは違うのかなと。



> 「Es Durで聞こえる音」というのは「変ホ長調のIの第五音」ということでしょうか

> (=あの音が単音で鳴ると、まずそれを思い起こす、ということでしょうか)。


→そういうことです。変ホ長調のシ♭はラベンダー色です。

 あくまで音階の色ではなく単音の色です。

 

 全然関係ない例を挙げると、

 ブルグミュラーの練習曲にアラベスクという曲がありますが、

 あの曲の弾き初めの「ラ」は物凄く黒に近い紫です。

 ただし単音の「ラ」を聴くともう少し普通の紫に見えます。



> 車の警笛が和音っぽくなってるような車があります(外車に多い)。

> 個人的に、その2音が短三度で鳴ってる場合、長三和音の根音がないように感じるんですが、

> そういうのはありますか。


→あまりそういうことを意識したことがないので、なんとも回答出来ません。



> 例えば、だいたいミとソが鳴ってた場合、ホ短調の主和音の第五音がなくてシ

> (あるいは、シの色)が欲しくなったりしますか。


→そのようなことはないですね。音の過不足を感じたことはなくて、

 僕が和音に感じる色は調和していません。

 和音として調和していても、それぞれの色はバラバラなので、

 色だけを並べたら不協和音に見えると思います。 

 



 あと、共感覚とはちょっと違う話をさせていただくと、

 私は絶対音感があるので、音を聴くと同時通訳的に音符が頭に浮かびます。

 音楽を聴くと、歌詞・メロディ・音符が全て脳に入ってくるので、

 一曲に対する情報量が多く、「BGMとして聴き流す」のが苦手です。


 世の中の音楽のメロディラインだけなら、

 初めて聴いたその瞬間にピアノで弾くことが出来ます。

 伴奏やコーラスまで同時に聴き取るにはもう少し修行が必要ですが。。。

投稿者 wmb4ac | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.