「設置したアイテムを重力スローで投げることはできませんが、物 ... | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 写真家(ひきこもり)爆誕の予感。

「設置したアイテムを重力スローで投げることはできませんが、物理演算に基づ いて動くため、キトゥンで体当りして位置を微調整することも可能。」

返信

シュール。


とらだらけブックスやビッグサイトで自身の二次エロに遭遇して激怒して大暴れするキトュンちゃんが見たいのでアキバ有明マップはよ。

飛び交う薄い本。逃げ惑うキトュンコスプレイヤー。

撮影はできても公開はできない(どうせ通報される)。


以下屋上屋。

でも今どき、アームチェアフォトグラファー(かっこいい言い方)って、アリだと思うんです。Googleマップやストリートビューを繋ぎ合せて作品にするようなアーティストって多いし、あとはそれがPC(≒ゲーム)の中か外かの違いだけ。

そして今どき、それが虚構か現実かを区別することにどれだけの意味があるのか、かなり疑問。例えばいわゆる現実世界を撮るにしたって、フィルタ1発トーンカーブ1発、焼き込み数秒、なんかだってれっきとした画像処理だし、魚眼レンズなんかで撮った時点で人間にとってはある意味虚構でしょう(だってオレ魚じゃないもん)。広角の周辺歪みも、望遠の圧縮効果/前後のボケも、ある意味、集中線。

「実写化」と言いつつ3Dモデルや画像処理が氾濫している今、ではどこまでが現実/シャバ?

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 「設置したアイテムを重力スローで投げることはできませんが、物理演算に基づ いて動くため、キトゥンで体当りして位置を微調整することも可能。」

無駄に演算してますよ、コレ。

返信
tyf9ersh


配置できるオブジェクトは最大で10個まで。どんな物体でも重量は最軽量扱いで、もちろんオブジェクトに乗ることもできます。

配置はフォトモードでオブジェクトを選択して、ファインダー越しに出現ポイントを仮決めして任意の場所で決定するのですが、すでにある物体と接触する場所には出現させられません。さらに、出現場所が地面から離れた高い位置にあると、落下の衝撃でオブジェクトがあらぬ方向に転倒します。電話ボックスとか。質量が最軽量なので本当に簡単に倒れちゃう。キトュンちゃんは押すことはできても引っ張ることはできない子なので、修正はほぼ不可能。設置に失敗したオブジェクトは蹴りをくれると風船のように割れて消滅します。芸が細かい。


キトュンちゃんはゲーム内では貧乳で容姿はイマイチな子、という残念な扱いですが、いや実際エロいよ、この子。ナースコス最高。


w3cupt5j

続きを読む

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.