「親」という種類の生き物はいる、と思うんです。 | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 負け犬・今生。

「親」という種類の生き物はいる、と思うんです。

返信

そしてオレはおそらく、一生、親にはならないし、なれない。

なろうとすることだけは比較的簡単なんでしょうけどね。個人的にも、そうなったかもしれない機会/未来はいくつかあった。もうなくなってしまいましたが。


オレが、いわゆるコドモ(というか「次世代」)に対して、いわゆる「いい世の中/未来」を遺してやる手伝いがあまりできないであろうことは、とても申し訳なく思ってはいます。


アポトーシス万歳


以下蛇足。

統計みたいなものってさぁ、例えばオレ個人という個体にとっての結果としては、結局は「起こるか起こらないか」の2択≒0or1であって。例えば癌でも何でも。

それを全部、「全てはお前の選択の結果だ」と自己責任論で切り捨てるのはどうかと思うんです。既にオヤであるヒトがうかつに言ってはいけないことだ、とも。

……この手の話は何を言ってもただのポジショントークになりがちですけども。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 「親」という種類の生き物はいる、と思うんです。

それでも、

返信

じゃぁ結婚して子供作って人並な家庭を持ちたいのか?と問われれば、いやー正直なんていうか、無理。

特に子供。子供がなぁ。たまに知り合いの子と遊ぶくらいならまだ精神的にも体力的にもなんとかなるんですが、毎日とか絶対無理。もうそれだけで『人の親』に感服しちゃう。


本当に「親」って生き物は、いると思う。


まぁ、親も子と一緒に成長するもので、徐々に徐々になんでしょうけど。

結果的に言えることは、自身に許容力や忍耐、そういうものが欠落しているって言うことだ・・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.