汚れちまったなあオレ | zig5z7 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: 守秘義務に関わるので子細割愛

汚れちまったなあオレ

reply

欲しいものをサンタさんにお願いしようと書いたお手紙を握りしめて勇んで玄関を出たはいいものの、どこに投函すれば届くのかわからず、しばし考えて自分ちのポストに突っ込んですぐ戻ったあの日。

だってほんとにわかんなかったんだもん。


即日、「これアンタ書いたの」「(無言で頷く)」となって、伝えておくよと苦笑され、後日、書いたのと似たものが届きました。

posted by zig5z7 | reply (3) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: 汚れちまったなあオレ

我が家では父が手紙をサンタさんに届けてくれていました。

reply

「俺の父ちゃんサンタさんと知り合いなんだぜ」

って友達に自慢したら「サンタなんて居ねーよ」と言われた小学生の冬。

posted by x6a7u9 | reply (0)

Re: 汚れちまったなあオレ

我が家には、

reply

サンタってシステムが無かった。そもそもクリスマスというイベント自体完全スルーされてた。

親が全くの無頓着だったのと、自分自身がクリスマスをうまく認識していなかったせいと思われる。

なんとなくお祭りっぽいなにか、ぐらいにしか。


そういえば一度だけ、父親がクリスマスシーズンに『ラケット的な器具でボールを投げ合うアイテム』をプレゼントと称して与えてきたことがあった。

庭先で親を相手に10分ぐらい遊んだところでボールが屋根の上に乗っかってしまい、それっきりだったことを覚えている。


なんだったんだアレ。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: 汚れちまったなあオレ

http://q7ny3v.sa.yona.la/1533

reply

盆正月の家族集会で誰かが口にすることを恐れている噺。オッサンなので珍しくないが我が家もサンタ因習は無かった。ただ、居るのよ「サンタにアレもらう」憧れオモチャを口にする同級生とか。煙突から?ナイけどどうにかして来るんだと。もうねアフォかとバカかとオバケ妖怪レベルのファンタジーなに言ってんだ、と。しかし、いやコレは。

「信じているフリをしたらナニかオモチャが貰えるハンターチャンス」

閃いた私、住んでいる間取りの記憶から小3の時だな多分。ああそうさ、もう結構大きいのにイマサラ家にファンタジー持ち帰って浮かれ、かつ言い張りましたとも、「靴下を置いて寝るとサンタがプレゼントを持ってくる」と。姉がラッピングしたチープなマジックグッズ、それでもやり切った感が残ったしオトシマエ(手品の練習と披露)もちゃんとやった。

posted by q7ny3v | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.