好きの反対は嫌いじゃなくて「無関心」だという人がいて | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: よくやる間違い 2

好きの反対は嫌いじゃなくて「無関心」だという人がいて

返信

でもそれだとどんな感情の反対でも「無関心」になることに。

どんな色でも明度をめいっぱい上げれば白で下げれば黒、彩度をめいっぱい落とせばグレー。

無彩色はどの色の補色でもない。


愛といちばん両立しなそうなものを考えてみたら「疑い」じゃないかと思った。

だから、愛とは信じることじゃないかと思った。


やや強引。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 好きの反対は嫌いじゃなくて「無関心」だという人がいて

信じる事

返信

いや、強引じゃないでしょう。


現時点じゃ「信じる事」が一番近いかなと。

自分の頭の中で考える事は自分にしかわからないし、もちろん嘘をつく事も出来る

自分で考えている事でも、本当にそう思ってるか自問自答することもあるし

しかも、状況の変化や年齢を重ねると、考えが変わる事も有る


そんな事も含めて、信じてもらえる、信じてあげれるのが愛なのかも。

恋と違って、愛は異性に対する物だけじゃないですからね。

投稿者 yxmktw | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.