おっとっと最強説 | zig5z7 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

おっとっと最強説

返信

お前ら騙されたと思って洋酒と一緒におっとっと喰ってみてくださいほんとに。


何を飲みながら喰っても邪魔しません。


あるバーのお通しで出てきた、というか、選べた。

本日のお通しが「マカロニサラダ・キャラメル味のプレッツェル・塩豆・おっとっと」の四択、という店で飲んだんだけど、ほんと、びっくりした。

おっとっと、万能です。じゃがりこなんか目じゃない。


軽さ、微かな塩味、アクセントとなる食感、見た目のかわいらしさ。

パーフェクトです。

へたすると日本酒でも合うんじゃねえかこれ。

見事です。素晴らしい。恐れ入りました。ロングセラーの底力を見た。

ひょっとするとそういうニーズで売れてるのかもしれない。だとしたら、人生のうち無視できない割合を損していた。


マスター曰く、前から好きだったので店でも出してみた。最初はふざけてると思われたんだけど、試してくださったお客様で「意外といいですね」とおっしゃる方は多い、結構出ますね、と。

プロってすげえ。


飲む歳になってからちびちび喰うとほんとうまいぜこれ。

手酌の方はぜひお試しを。こんなに軽くて他の酒を邪魔しないツマミ、そうそうないです。

自作がほぼ不可能なのも地味にでかい。こればっかりは買うしかないんです。

だから、お通しか何かで出てこないとそもそも食べる機会があまりない。


ただし、酒とツマミのコントラストを愛でる人には向かないかもしれない。

邪魔しなさすぎるので。

feat. Ottotto というよりは、どこにもクレジットされないけど実は業界では知らない人がいない凄腕スタジオミュージシャンで、日本人なら知らないうちにこの人の音を一度は聞いてるはず、という感じ。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: おっとっと最強説

(ピクッ

返信

週末早速試してみます。

投稿者 gnhqe8 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.